人気ブログランキング |

2010年 06月 22日 ( 1 )


f0194609_7322087.jpg


あーす農場で見かけないものの一つに石けんがありました。

唯一見たのはお風呂の中の小さな石けん一つ。
でも一向に減っていかないのを見ると多分使っていない。

台所はアクリルタワシのみ。

アクリルタワシだけで汚れは落ちると聞きながらも、
どこか不安だった私は、自宅で使う時はいつもほんの少量の洗剤を付けて洗っていた。

あーすでは洗剤が存在しないのだから仕方が無い。
アクリルタワシだけで洗う。

私の不安をよそに、綺麗になっていく食器たち。
油モノの時はお湯を沸かし、ベトついたタワシをそのお湯に漬けながら洗う。

油モノの時は、洗剤を使った時のようなサッパリ感は無いけれど、
乾いてしまえば気にならない。

お店屋さんをやっているなら別だけど、
自宅で自分達が使う食器ならば、この洗浄で十分だと気付く。


地球に、地に帰っていく水だから汚さず返す。


洗濯も水だけで行っていました。

ちゃんと汚れ落ちてるし、
全然臭くないの!

洗剤の匂いが付かないから、
その人本来の匂いに包まれていて、
ほっと安心する心地良さを感じる。

自分が動物になったみたいに、
人から発せられる匂いによって
その人の情報をいろいろと仕入れているような
そんな感覚に陥る。

山の暮らしでは五感が随分働いていたのだなぁ。


洗剤が残らないから肌の調子もとても良い。


石けんに依存し過ぎていた生活を改めたくなった体験です。
by miri-luca | 2010-06-22 08:45 | Comments(4)