郵 便

日ごろ商品の発送で郵便をよく利用していて、
その際にロイロ感じていた事の謎が、
年末年始のバイトで解明されました。

一つはここ数年郵送物の紛失が全くなくなった事への驚き。

民営化される前の郵便局への信頼度は私の中ではかなり低く、
郵送の場合は紛失覚悟で送る事、そんな思いが常識的になっていました。

それが民営化された後は驚くほど確実に届けてくれて
しかもスピーディー!!!
兵庫県から北海道までも2・3日程で着いてしまったり。

バイトに入る前の事前研修で分かったのだけど、
紛失物が出ないのは、郵送物の徹底管理があったから。

万一郵送物が届かない、との事態が発生したら
集荷された場所から配送先までのルートを徹底的に調べ上げられます。

○月○日 この区間の集荷は誰が担当で仕分けは誰で配送は誰が行ったのか。
担当者へ厳しい追及もあり、
その間の局内には監視カメラが設置されているので、
郵送物の抜き取り当あれば確実に発覚するようになっているようです。
その成果あって本当に見違える程信頼を置けるようになった郵便局。

ときたまメール便の大量破棄をしたと契約バイトの人の不祥事を聞きますので
追跡番号等あっても、働く人の意識(そういう問題を起こさせてしまう会社にも問題があるかと思います)によってそれは全くもって安心を確保出来るものでもないのだなと感じます。
メール便を利用する人は追跡番号=安心という付加価値を求めて利用しているのに、
なんじゃそりゃ?過ぎて、私の中ではメール便ってあまり信用してません。
届くのも郵便より遅いし。


普通郵便には安心感をもたらしてくれる追跡番号や管理番号はないですが、
私はとても信頼していつも利用させてもらっています。
郵便局バイトをした事で、その思いは更に深まりました。
これからも郵便局員さんには高い意識を持ってお仕事して頂きたいです^^


それからもう一つ。

引越しした後、転居届けを郵便局に出していない場合
引越し前の住所に届いた郵便物はどうなるのか?

マンションやアパートに住んでいた場合は、
玄関に表札を出さない方が多いので住人が変わった事が分からず
そのまま配達されているらしいのですが、
新しい住人の方から「別の方の郵便物が届いてる」等の連絡があり、
もうその住所には住んでいない事が判明した時点から郵便物は差出人のもとへ送還されるそうです。
海外からの手紙とかはどうなるのか尋ねてみたところ、
それも海外へ送り返しているそうですが、
その後 その国の郵便局がどうしてるのかまでは分からないとの事でした。

転居届けを出しておけば、郵便局できちんと仕分けして新しい住所に転送してくれますので
お引越しの際は郵便局へのお届けも忘れずに。

もしも以前に住んでいただろうなと思われる方への郵便が届いた際は
郵便局の方へ一言連絡を入れてあげるともう間違って届かないので安心ですよ。
電話するのは嫌だなという場合、
間違って届いた郵便物にメモを貼ってポストへ投函しておけば良いと思います^^







[PR]
by miri-luca | 2012-01-24 16:53 | Comments(0)